「省エネのプロが対策・問題を解決!」と「建物のプロがローコスト・省エネ・室内環境改善」をテーマとして工法・方法・商品でお客様に大変メリットのある省エネ設計提案を行なっています。

資料請求 会社概要 新着ニュース トップページ

2014年08月09日

桑本総合設計は住宅の設計はしないんでは?

と、たまに聞きます。
また、「住宅の設計はしないと思ったから他に頼んだ」とも。

確かに住宅専門の一人設計事務所さんと違って、前面にアピールはしていません。
が、もちろん住宅設計も毎年しております。

個人事務所と組織事務所(弊社はこちら)の大きな違いは
@スタッフ層の厚さ
A構造専門の設計士がいる
B大型物件も行える技術力の高さ
です。

@スタッフ層の厚さについて
1物件に携わる人数は、1〜2人と変わりはありませんが、計画時、設計途中、工事監理中、竣工時と、段階的に上司・社長のチェックを受けます。
どんなに優れた設計士でも、必ずミスはあります。
それをなくすためにも、たくさんの目と価値観で確認しながら設計することが大事です。

A構造専門の設計士がいる について
「住宅だから」と甘く考える設計士も多いです。
ある程度の柱と筋交があり、バランスよく配置されていれば最低基準(つまり建築基準法)はクリアします。
そこから先は、設計士としてどこまでが妥当か、コストも踏まえてより安く高強度の建物を作る必要があります。
そこには、意匠屋と呼ばれるデザイナーではできない「力学脳」が必要です。
個人設計事務所の方は、特殊なものを除いて住宅を建てるために構造設計を外注したりはしません。
弊社では社内に構造の設計士を3名擁しているので、費用負担なく安全な建物が建てられます。
デザイン、コスト、強度を両立するのが設計士です。

B大型物件も行える技術力の高さ について
住宅専門の方 及びハウスメーカーは基本的にずっと住宅しか経験がない場合がほとんど。
弊社は住宅から庁舎、学校、工場、福祉施設など、特化することなく満遍なく知識を蓄えます。
知識の差が出るのは特に使い勝手と耐久性です。
デザイナーズ住宅によくみられる、「かっこはいいけどつかいづらい」、「暑く寒い」「竣工当時から雨漏りがする」などなど。
場合によっては、施工者から「これは雨漏りする」と指摘されても頑として聞き入れず、結果雨漏りしたという話も聞きます。
雨が漏るのは家ではなく、「小屋」です。
最良の住宅を弊社はご提供します。

もちろんじっくり毎日のように打合せして作り上げていくデザイナーズ住宅もいいですよ?
posted by staff at 19:13 | よくある質問集

2014年05月11日

ゼネコンの設計施工の方が設計料がない分割安?

近年、ゼネコン(総合建設業)が設計施工を行う事例が増えてきました。そのほとんどは、「ゼネコンは設計料を取らないので割安だ」というものです。
しかし、ゼネコンといえど設計料が無料なわけではなく、工事代金に上乗せされています。
あくまで数字として見えないだけです。

設計事務所に設計監理を発注するメリット
・お客様目線で、予算を踏まえた設計を行う。
・ゼネコン数社での見積徴収ができるので、競争原理が働く。
・工法や下請業者にしばられないので、自由度が高い。
・経験や実績は圧倒的に設計事務所の方が多く、プロとしてのアドバイスができる。
・スタッフが多いので、特急対応も可能。
・施工に縛られないので、県外での設計も可能。
・トータルコストが安い。

ゼネコンに設計施工で発注するメリット
・設計料込で○○円と指値することができる(ゼネコンが受けない場合もある)
・責任の所在が明確。
・数社に見積を出し、比較する必要がないので手間が少ない(場合によっては時間短縮となる)
posted by staff at 18:13 | よくある質問集